1. ゲームの概要


この文章は、Force of Will のルールの詳細を解説したものです。

1.1. プレイヤー人数

  • このゲームは2人のプレイヤーによる対戦ゲームです。

1.2. ヴァルハラルールとビフレストルール

  • この総合ルールでは、「ヴァルハラルール」と「ビフレストルール」の 2つのルール を定義します。特に指示がないかぎり、ここで定義されたルールは両方のルールで採用されます。
  • ルールの条項の先頭に《ヴァルハラ》とある場合、そのルールおよびその条項に 付帯するルールはヴァルハラルールでのみ採用されます。ルールの条項の先頭に《ビフレスト》とある場合、そのルールはビフレストルールでのみ採用されます。
  • プレイヤーはゲームの開始前に、そのゲームがヴァルハラルールとビフレストルールのどちらで行われるのかを確認し、両プレイヤーが同一のルールを使用する義務があります。

1.3. ゲームの勝利条件

  • ゲーム中、敗北条件を満たしたプレイヤーはゲームに敗北します。
  • 自身が敗北条件を満たさず、相手が敗北条件を満たしているプレイヤーはゲー ムに勝利します。
  • 両方のプレイヤーが同時に敗北条件を満たしている場合、ゲームは引き分けで 終了します。
  • ゲーム中、プレイヤーは投了を宣言し、ゲームから退場することができます。その 場合、そのプレイヤーの相手がゲームに勝利します。投了は効果によって置換 されず、効果によってプレイヤーが投了を強制されることもありません。

1.4. ゲームの大原則

  • 総合ルールとカードテキストが示す行動が矛盾する場合、カードテキストを優先 します。
  • 何らかの行動を指示される場合、指示する結果の部分が一部実行不能な場合 でもそれ以外の実行可能なものを実行します。行動を実行する際に個数や回数 が指示されている場合、指示された個数や回数を実行できない場合、可能な限 りの個数や回数を実行します。何かを実行する回数や量が 0 または負の値であ る場合、それは実行されません。
  • プレイヤーやカードが現在と同一の状態になることを指示された場合、改めてそ の状態になったとはみなされません。
  • 何らかの行動を指示された場合、他の効果でその行動が禁止されている場合、 それは実行されません。
  • ゲーム中に数値の選択を求められた場合、0 以上の整数のみ選択できます。

1.5. ゲームの基礎用語

  • プレイヤー:ゲームに参加している人です。各ターンの間、現在が自分のターン であるプレイヤーをターンプレイヤー、そうでないプレイヤーを非ターンプレイ ヤーと呼びます。
  • 持ち主/オーナー:ゲームの開始時点で、あるプレイヤーがこのゲームのために 準備したカードは、そのプレイヤーが持ち主でありオーナーです。
  • コントロールとコントローラー:ゲーム中、各カードや能力等はいずれかのプレイ ヤーがコントロールし、そのプレイヤーのことをそのカードや能力のコントロー ラーと呼びます。カードや能力が‘あなた’を参照する場合、それはそのカードや 能力のコントローラーを参照します。何らかのコントロールを変更する効果によら ないかぎり、各カードや能力等のコントローラーは以下の通りに定めます。
    • カードのコントローラーは、そのカードの持ち主です。
    • 能力のコントローラーは、その能力を持つカードのコントローラーです。
    • 効果のコントローラーは、その効果を発生させた能力のコントローラーです。
  • ライフポイント:各プレイヤーはライフポイントと呼ばれる数値を管理します。各プ レイヤーはこれが 0 以下になるとゲームに敗北します。
    • ライフポイントは 100 を単位として増減を行います。任意の点数のライフポイ ントを支払う事が求められる場合、100 を単位とした点数を選択します。ライフ ポイントの半減等によりライフポイントに 100 未満の端数が出る場合、その端 数を切り上げた値を最終的なライフポイントとします。
    • ライフポイントはカード上では‘ライフ’と表記されることがあります。

トップへ戻る