7. プレイヤーの行動


プレイヤーは優先権がある場合に各種の行動から1つを選んで実行します。
以下はその核行動の詳細です。

7.1. リゾネイターやレガリアのプレイ

  • ターンプレイヤーは、自分に優先権があり、メインフェイズであり、チェイスエリア が空の場合に、種類がリゾネイターかレガリアであるカードをプレイできます。
  • プレイヤーはリゾネイターかレガリアのカードを 1 枚選び、それをカードのコストを 支払ってプレイします。特に指示がない限り、プレイできるのはそのプレイヤーの 手札にあるリゾネイターかレガリアのカードのみです。
  • チェイスエリアのリゾネイターかレガリアのカードが解決された場合、そのリゾネイ ターやレガリアのカードはそのコントローラーの場に置かれます。

7.2. アディションのプレイ

  • ターンプレイヤーは、自分に優先権があり、メインフェイズであり、チェイスエリア が空の場合に、種類がアディションであるカードをプレイできます。
  • プレイヤーはアディションカードを1枚選び、それをカードのコストを支払ってプレ イします。特に指示がない限り、プレイできるのはそのプレイヤーの手札にあるア ディションカードのみです。
  • アディションカードのうち、[アディション:フィールド]でないカードはプレイ時に対 象をとります。対象に選べるものは、 [アディション:○○]で指定されたいずれか の場にある種類が○○であるカードです。
  • チェイスエリアのアディションカードが解決された場合、そのアディションの対象 が適正であるなら、それはそのコントローラーの場に置かれます。それが[アディ ション:フィールド]でない場合、そのアディションカードは、その対象となったカー ドに設置された状態で場に出ます。そのアディションの対象が適正でない場合、 そのカードを持ち主の墓地に置きます。

7.3. [スペル:詠唱]のプレイ

  • ターンプレイヤーは、自分に優先権があり、メインフェイズであり、チェイスエリア が空の場合に、[スペル:詠唱]カードをプレイできます。
  • プレイヤーは[スペル:詠唱]カードを 1 枚選び、それをカードのコストを支払って プレイします。特に指示がない限り、プレイできるのはそのプレイヤーの手札にあ る[スペル:詠唱]カードのみです。
  • チェイスエリアの[スペル:詠唱]が解決された場合、そのカードのテキストを実行 し、そのカードを持ち主の墓地に置きます。

7.4. バトルの開始

  • ターンプレイヤーは、自分に優先権があり、メインフェイズであり、チェイスエリア が空の場合に、バトルを開始できます。詳しくは【8 バトルの処理】を参照してくだ さい。
  • バトルの実行はチェイスエリアを使用しません。

7.5. ジャッジメントの実行

  • ターンプレイヤーは、自分に優先権があり、メインフェイズであり、チェイスエリア が空で、自分のルーラーエリアにリカバー状態のルーラーがあり、このターンに ジャッジメントを実行していない場合、ジャッジメントを実行できます。
  • プレイヤーは自分のルーラーの[J 条件]または[ジャッジメント]に示されている行 動を実行し、ジャッジメント処理をチェイスエリアに置きます。
    • [J 条件] または[ジャッジメント]にウィルシンボルが単独で表記されている場 合、それによって表記されたウィルを支払う事を意味します。
    • [J 条件] または[ジャッジメント]になんらかの状態がしめされている場合、そ れはジャッジメントを実行するために満たしている必要のある状態を意味しま す。
    • テキスト内で‘[ジャッジメント]’が参照される場合、それは‘[ジャッジメント]能 力に表記されている行動の内容’を意味します。
  • チェイスエリアのジャッジメント処理が解決された場合、そのプレイヤーのルー ラーを、J ルーラーの面が見えるようにそのプレイヤーの場に置きます。

7.6. カードの詠唱待機エリアへの配置

  • ターンプレイヤーは、自分に優先権があり、メインフェイズであり、チェイスエリア が空の場合に、自分の手札にあるカード1枚を[2]を支払って自分の詠唱待機エ リアに裏向きに置くことができます。
  • この行動はチェイスエリアを使用せず、行動時に直接カードを配置します。
  • これにより[スペル:詠唱待機]でないカードを詠唱待機エリアに置くことができま すが、特に指定がないかぎり、それをプレイする方法はありません。

7.7. [スペル:詠唱破棄]のプレイ

  • 優先権を持つプレイヤーは、[スペル:詠唱破棄]カードをプレイできます。
  • プレイヤーは[スペル:詠唱破棄]カードを 1 枚選び、それをカードのコストを支 払ってプレイします。特に指示がない限り、プレイできるのはそのプレイヤーの手 札にある[スペル:詠唱破棄]カードのみです。
  • チェイスエリアの[スペル:詠唱破棄]が解決された場合、そのカードのテキストを 実行し、そのカードを持ち主の墓地に置きます。

7.8. [条件]能力のプレイ

  • 優先権を持つプレイヤーは、自分がコントロールするカードの[条件]能力をプレ イできます。
  • プレイヤーは自分がコントロールするカードの[条件]能力を 1 枚選び、それをプ レイします。それがウィル能力である場合、それをただちに解決します。特に指 示がない限り、プレイできるのはそのプレイヤーがコントロールするカードの[条 件]能力のみです。
  • チェイスエリアの能力が解決された場合、その能力の効果を実行し、その能力を チェイスエリアから取り除きます。

7.9. [スペル:詠唱待機]カードのプレイ

  • [スペル:詠唱待機]のカードには、誘発能力(9.6)であるカードと、そうでない カードがあります。
    • [スペル:詠唱待機]のカードのうち、その[発動条件]の‘:’よりも前に何らかの 誘発条件を含むものは、誘発処理を行う[スペル:詠唱待機]カードです。
  • 誘発処理を行う[スペル:詠唱待機]カードは、それの誘発条件を満たした時点で、 そのカードを公開することによって誘発済みになります。特に指示がない限り、誘 発済みにできるのはそのプレイヤーの手札か詠唱待機エリアにある[スペル:詠 唱待機]カードのみです。
    • すでに誘発済みになっている誘発処理を行う[スペル:詠唱待機]カードは、 その後に誘発条件を満たても、再び誘発済みになることはありません。
  • 誘発済みになった誘発処理を行う[スペル:詠唱待機]カードは、次に誘発能力 のプレイを行うタイミングで、可能な限りそのカードを呪文としてプレイします。
    • 何らかの理由でこのカードがプレイできない場合、そのカードは持ち主の墓 地に置かれます。
  • [スペル:詠唱待機]をプレイする場合、そのコストとして、その[発動条件]の‘:’よ りも前に書かれている誘発条件以外の行動を実行します。詠唱待機エリア以外 の[スペル:詠唱待機]をプレイする場合、それに加えて、そのカードのコストを支 払います。特に指示がない限り、プレイできるのはそのプレイヤーの手札か詠唱 待機エリアにある[スペル:詠唱待機]カードのみです。
  • 詠唱待機エリアに置かれている[スペル:詠唱待機]カードは、それが現在のター ン中に置かれたものである場合、それの誘発条件を満たしてもそれは公開でき ず、そのカードをプレイできません。
  • [発動条件]の‘:’の前が‘任意’と書かれている場合、それは‘[0]を支払う’を意 味します。
  • チェイスエリアの[スペル:詠唱待機]が解決された場合、そのカードの[発動条件] の‘:’以降のテキストを実行し、そのカードを持ち主の墓地に置きます。

7.10. 《ヴァルハラ》ライフブレイクの実行

  • 優先権を持つプレイヤーは、自分のライフブレイクエリアにあるカードの枚数が [自分のライフポイント-1]/1000(端数切り捨て)を超える場合、自分のライフブレ イクエリアの一番上にあるカードを除外エリアに置くことができます。
  • これにより除外エリアに置いたカードが[ブレイク]能力を持つ場合、そのプレイ ヤーはそのカード[ブレイク]能力が適正にプレイできるかぎり、その能力をプレイ します。
  • チェイスエリアの[ブレイク]能力が解決された場合、その効果を実行し、その能力 をチェイスエリアから取り除きます。
  • これにより除外エリアに置かれたカードは、そのカードが[ブレイク]能力を持たな い、またはその[ブレイク]能力がプレイできなかった場合、ただちに墓地に置か れます。その[ブレイク]能力がプレイされた場合、その能力がチェイスエリアから 取り除かれた時点でそのカードを墓地に置きます。

7.11. 魔石のコール

  • ターンプレイヤーは、自分に優先権があり、メインフェイズであり、チェイスエリア が空であり、このターンにまだ魔石のコールを行っておらず、このターンにジャッ ジメントを実行していない場合に、自分のルーラーまたは J ルーラーまたはアスト ラルのカードをレストすることができます。そうした場合、自分の魔石デッキの一 番上のカードを自分の魔石エリアに置きます。この行動を魔石のコールと呼びま す。

7.12. パス

  • 優先権を持つプレイヤーは、パスを行うことができます。この場合、何も行動は行 われません。
  • 優先権を持つプレイヤーは、自分がターンプレイヤーで、現在がメインフェイズ で、バトル中でなく、チェイスエリアが空の場合に、自分がコントロールする J/リゾ ネイターのいずれかが、適正に攻撃できてかつ攻撃を強制される場合、パスを 選択できません。‘適正に攻撃できる’とは、以下の条件を満たすことを言いま す。
    • 自分のターンの開始時から連続して自分がコントロールしている。
    • リカバー状態である。
    • 攻撃目標として、それが相手プレイヤーまたは相手の場にあるレスト状態の J/リゾネイター1体を選択できる。
    • それ自身の攻撃を禁止する効果が存在しない。
    • それの攻撃時に任意に要求される行動が存在しない。

トップへ戻る