8. バトルの処理


メインフェイズ中、ターンプレイヤーは自分の J/リゾネイターによりバトルを開始することができます。 その場合、以下のステップをこの順番に実行します。 。

8.1. バトル開始ステップ

  • ‘バトルフェイズ開始時’の誘発条件が発生します。
  • ターンプレイヤーに優先権が与えられ、優先権処理を実行します。

8.2. 攻撃宣言ステップ

  • ‘攻撃宣言ステップ開始時’の誘発条件が発生します。
  • ターンプレイヤーに優先権が与えられ、優先権処理を実行します。
  • ターンプレイヤーは、この時点で攻撃が強制されている場合、攻撃することを選 択します。そうでない場合、攻撃するか攻撃を放棄するかを選択します。攻撃を 放棄した場合、このバトルが終了し、戦闘終了ステップに進みます。攻撃する場 合、以下を選択します。
    • 攻撃を行う自分のリカバー状態の、このターンの最初から継続して自分の場 に存在する、攻撃力と防御力を持つ J/リゾネイター1体。このとき、その条件 を満たす、何らかの効果により攻撃をしなければいけない自分の J/リゾネイ ターがいる場合、そのうち 1 体を選択する義務があります。
    • 攻撃目標としての、相手プレイヤーまたは相手の場にあるレスト状態の攻撃 力と防御力を持つ J/リゾネイター1体または何らかの効果により適正に攻撃 目標として選択できるカード 1 枚。
  • 攻撃を宣言する場合は、上記のすべてを選択できる義務があります。いずれか が選択できない場合は、攻撃することを選択できず、パスを選択する義務があり ます。
  • 攻撃を行う自分の J/リゾネイターをレストします。攻撃を行うために必要な行動が ある場合、ここで実行します。それが実行できない場合、この攻撃は行えず、攻 撃するかパスをするかの選択までゲームの状況が戻されます。これ以降、この J/リゾネイターは攻撃を行っている J/リゾネイターとなります。
  • このバトル中、非ターンプレイヤーが呪文も能力もプレイせず、ターンプレイヤー が攻撃の放棄を選択した場合、そのターンプレイヤーはこれ以降このターンにお いてバトルを開始できません。
  • ターンプレイヤーに優先権が与えられ、優先権処理を実行します。

8.3. ブロック宣言ステップ

  • ‘ブロック宣言ステップ開始時’の誘発条件が発生します。
  • ターンプレイヤーに優先権が与えられ、優先権処理を実行します。
  • 非ターンプレイヤーは、ブロックするかパスをするかを選択します。ブロックする 場合、その攻撃しているカードをブロックできる自分のリカバー状態の J/リゾネイ ター1体を選択します。
  • ブロックする場合、ブロックを行う J/リゾネイターとして、攻撃目標でない攻撃力と 防御力を持つ自分の J/リゾネイターをレストします。
    ブロックを行うために必要な行動がある場合、ここで実行します。 それが実行できない場合、このブロックは行えず、ブロックするかパスをするかの選択までゲームの状況が戻されます。 これ以降この J/リゾネイターが場にある限り、この J/リゾネイターはブロックを行っている J/リゾネイターとなり、攻撃を行っている J/リゾネイターはブロックされている J/リゾネイターとなります。
  • これ以降、ブロックしている J/リゾネイターがいるかぎり、攻撃している J/リゾネイ ターとブロックしている J/リゾネイターは互いのカードと戦闘を行っている状態に なります。ブロックしている J/リゾネイターがいない場合、攻撃している J/リゾネイ ターと攻撃目標に選ばれている J/リゾネイターは互いのカードと戦闘を行ってい る状態になります。
  • ターンプレイヤーに優先権が与えられ、優先権処理を実行します。

8.4. 先制戦闘判定ステップ

  • この時点で攻撃していた J/リゾネイターが存在しない場合、戦闘終了ステップに 進みます。
  • 攻撃している J/リゾネイターが[先制攻撃]を持つなら、それは以下に従って、自 身の攻撃力に等しいダメージを与えます。これにより与えられるダメージは戦闘 ダメージです。
    • ブロックしている J/リゾネイターが存在する場合、その J/リゾネイターにダメー ジを与えます。
    • ブロックしている J/リゾネイターが存在しない場合、攻撃している J/リゾネイ ターが攻撃宣言ステップに選択した攻撃目標にダメージを与えます。
  • ターンプレイヤーに優先権が与えられ、優先権処理を実行します。

8.5. 通常戦闘判定ステップ

  • この時点で攻撃していた J/リゾネイターが存在しない場合、戦闘終了ステップに 進みます。
  • 攻撃している J/リゾネイターが先制戦闘判定ステップにルールによるダメージを 与えていない場合、それは以下に従って、自身の攻撃力に等しいダメージを与 えます。これにより与えられるダメージは戦闘ダメージです。
    • ブロックしている J/リゾネイターが存在する場合、その J/リゾネイターにその ダメージを与えます。
    • ブロックしている J/リゾネイターが存在しない場合、攻撃している J/リゾネイ ターが攻撃宣言ステップに選択した攻撃目標にそのダメージを与えます。
  • ブロックしている J/リゾネイターが存在する場合、または攻撃目標が J/リゾネイ ターでブロックしている J/リゾネイターが存在しない場合、それは自身の攻撃力 に等しいダメージを攻撃している J/リゾネイターに与えます。
  • ターンプレイヤーに優先権が与えられ、優先権処理を実行します。

8.6. 戦闘終了ステップ

  • ‘バトルフェイズ終了時’の誘発条件が発生します。
  • ターンプレイヤーに優先権が与えられ、優先権処理を実行します。
  • 戦闘終了処理として、以下を実行します。
    • 戦闘中または戦闘終了時までを期限とする持続効果が終了します。
    • この時点で実行すべきルール処理や発生している誘発条件がある場合、優 先権処理を実行し、その後戦闘終了処理を最初から実行します。そうでない 場合、戦闘終了処理を終了します。
  • 攻撃している J/リゾネイターやブロックしている J/リゾネイターは攻撃やブロックを 終え、戦闘が終了します。

トップへ戻る