13. ルール処理


ゲーム中、特定の条件が発生している場合に、ルールにより行動が実行されることがあります。これをルール処理と呼びます。

13.1. 敗北処理

  • ライフポイントが 0 以下のプレイヤーがいる場合、そのプレイヤーはルール処理 によりゲームに敗北します。
  • 直前のルール処理以降に、ドローフェイズにメインデッキからカードをドローする ことが求められ、必要な枚数のカードがドローできなかったプレイヤーがいる場 合、そのプレイヤーはルール処理によりゲームに敗北します。

13.2. 破壊処理

  • 場にある防御力を持つ J/リゾネイターに蓄積しているダメージがその J/リゾネイ ターの防御力以上である場合、その J/リゾネイターはルール処理により破壊され ます。
  • 場にある J/リゾネイターが防御力を持ち、その防御力が 0 以下である場合、その J/リゾネイターはルール処理により破壊されます。

13.3. 不正アディション処理

  • [アディション:場]でないアディションが場にあり、それに設置されているカードが 存在しない、またはそのアディションに本来設置されるべきでないカードに設置 されている場合、そのアディションを墓地に置きます。
  • [アディション:場]でないアディションが場にあり、それが複数のカードに設置され ている場合、そのアディションのコントローラーはそれが設置されているカードを 1 つ選び、それ以外のカードとは設置されていない状態になります。

13.4. 《ヴァルハラ》ライフブレイクエリア超過処理

  • いずれかのライフブレイクエリアに、そのライフブレイクエリアの上限を超えた枚 数のカードが置かれている場合、そのライフブレイクエリアの一番下から上限枚 数のカードを残し、それ以外のカードを墓地に置きます。

トップへ戻る